ベビーアルパカとは ~特徴やアルパカとの違い~

2019/12/23

アルパカについて ベビーアルパカ

この記事をシェアする
  • B!

当ブログは2003年の10月からアルパカニット製品の販売を手掛け、年間に延べ200以上のアルパカ製品を販売する、インペリアル・エンタープライズ株式会社によるものです。魅力的なアルパカニットのアレコレを発信しております。ショッピングサイトはこちらから

ベビーアルパカとは

ペルーの高地に生息するアルパカの群れの画像

アルパカについて調べていると「ベビーアルパカ」や「ロイヤルベビーアルパカ」という言葉を目にすると思います。

「ベビーアルパカ」「ロイヤルベビーアルパカ」は、世界で最も贅沢な繊維のひとつとして知られていますが、なんとなく良さそうに思っても具体的に何がいいのか、知らない人も多いはず。

こちらのページでは「ベビーアルパカ」「ロイヤルベビーアルパカ」と「アルパカ」の違いについて、輸入から販売まで携わるその道のプロが解説いたします。

ベビーアルパカとアルパカの違いは繊維の細さ

勘違いしやすいのですが、「ベビーアルパカ」や「ロイヤルベビーアルパカ」は、アルパカの赤ちゃんから採取した毛という意味ではありません

よく「ベビーアルパカ」「ロイヤルベビーアルパカ」はおよそ生後3カ月までのアルパカから採取したものと勘違いされている方がいらっしゃいますが、大人のアルパカからも全体のおよそ10%前後採取することができます。

一般的に、アルパカは大人になるにつれて、毛は少しずつ太くなる傾向にあり、赤ちゃんの毛からたくさん採取できるのでそうした誤解が広がったのだと思われます。

実際は、ランク分けされたアルパカ素材(つまり繊維)の名称であるということです。

アルパカ素材は、繊維の細さで次のようにランク分けされています。

繊維名 繊維の細さ
ロイヤルベビーアルパカ(Super baby) 20.0ミクロン
(0.020ミリ)以下
ベビーアルパカ(Baby) 20.1~23ミクロン
(0.021~0.0230ミリ)
ファイン(Fleece) 23.1~26.5ミクロン
(0.0231~0.0265ミリ)
ミディアム(Medium Fleece) 26.6~29.0ミクロン
(0.0266~0.0290ミリ)

※参考:AIA(Asociacion Intermacional de la Alpaca,OCEX New York and PROMPERU)
※繊維名については別の呼称もあります。

アルパカとベビーアルパカの比較

具体的にアルパカとベビーアルパカは何が違うのでしょうか。

アルパカとの比較を項目別にまとめてみました。

アルパカとベビーアルパカの素材比較

アルパカ素材とベビーアルパカ素材を項目ごとに評価してみました。

保温性
アルパカ ◎ 空気を含むので断熱効果が高い
ベビーアルパカ ◎ アルパカよりも断熱効果が高い

耐久性
アルパカ ◎ 丈夫で長持ちする
ベビーアルパカ ◎ 繊維は細くても耐久性はアルパカと同等

チクチク感
アルパカ △ 人によってややチクチクする
ベビーアルパカ ○ チクチク感はほぼ感じない

肌ざわり
アルパカ ○ すべすべしている
ベビーアルパカ ◎ しっとりとすべすべしている

汚れにくさ
アルパカ ◎ 水や臭いを寄せ付けにくい
ベビーアルパカ ◎ 同上

毛玉のできにくさ
アルパカ ◎ 毛玉が出にくく摩擦に強い
ベビーアルパカ ◎ 同上

お手入れのしやすさ
アルパカ ◎ 特別なお手入れは不要
ベビーアルパカ ◎ 同上

重量
アルパカ ○ 繊維の一本一本が空洞のため軽い
ベビーアルパカ ◎ 繊維が空洞で、さらに細いためより軽い

同じ規格のアルパカニットと比較

デザインは違いますが、同じ型紙で作ったニットで比較してみます。
左はアルパカ素材(上図のランクで「ファイン」相当)、右がベビーアルパカ素材です。

アルパカのニットとベビーアルパカのニットを並べた写真
左:アルパカ  右:ベビーアルパカ

アルパカのニットとベビーアルパカのニットで重さの比較をした写真
左:252グラム    右:170グラム

左のアルパカが重量252gなのに比べて、右のベビーアルパカは170gと約3~4割ほど軽くなっています。

アルパカのニットとベビーアルパカのニットで暑さを比較している写真

同じく、洋服の厚さを比較してみました。

こちらもベビーアルパカの方が薄く仕上がっています。
繊維自体が細いと製品も薄くなるため、着用時の煩わしさがなく軽い着心地になります。

お得感のある「ベビーアルパカ」

ベビーアルパカはお得感という意味でもメリットがあります。

アルパカ素材を原毛として購入する場合、キロ単位の重さで購入します。

その際、ベビーアルパカはアルパカに比べて軽いため、より多くの量の繊維を購入できるのです。

分かりやすく例えると、

  • 1キロ40,000円のアルパカからニット製品を作ると、出来るのは4着。一着あたりの原毛代は10,000円です。
  • 1キロ50,000円のベビーアルパカから作ると、出来るのは5着。一着あたりの原毛代は同じく10,000円です。

1kgあたりの原毛代 1kgで作れる枚数 1着あたりの価格
40,000円/kg 4枚 10,000円
50,000円/kg 5枚 10,000円
※上記は分かりやすいように説明した一例で、すべての商品にあてはまるわけではありません。

先ほどの重量比較でもご紹介したように、同じデザインのニット製品を作った場合、約3~4割ほどの重量で作ることができます。

稀少ゆえにキロ当たりの価格は高いのですが、メーカー側からするとそれほど価格差はなくなってくるのです。

つまり、同じ重さの原毛から洋服を作るとベビーアルパカはアルパカよりも多くの枚数を作ることができるのです。

ですからベビーアルパカのメリット(肌ざわり、軽さ、薄さ)を考えると、アルパカよりもお得感があると思います。

まとめ

「ベビーアルパカ」「ロイヤルベビーアルパカ」と「アルパカ」の違いをまとめると、以下の通りです。

  • 「ベビーアルパカ」は繊維の名称で細さは20.1~23ミクロン(0.021~0.023ミリ)
  • 「ロイヤルベビーアルパカ」は細さは20ミクロン以下(0.020ミリ以下)
  • ベビーアルパカは、アルパカよりも同等かそれ以上の良さがある
  • ベビーアルパカは稀少ゆえに価格は高いが、多く作れるのでお得感がある

アルパカニット専門店「アルパカタウン」では、ペルー政府が公的に認めるアルパカ素材を中心に100種類以上のアルパカニット商品をご紹介しています。

「冷え症でお困りの方」「寒がりさん」「薄くて着ぶくれしない、暖かなニットを探している方」などから特にご好評をいただいています。
下記の画像をクリックしてアクセスしてください。

100種類以上の高品質「ペルー政府推奨」のアルパカ素材を採用したアルパカニット専門店「アルパカタウン」はこちらから
この記事を書いた会社
インペリアル・エンタープライズ株式会社
略称 I・E・I(アイ・イー・アイ)

設立年月日:昭和57年(1982年)9月1日
資本金:100,000千円
所在地:〒116-0014
    東京都荒川区東日暮里5-7-18 コスモパークビル6階
メール:お問い合わせフォームはこちら

当ブログは2003年の10月からアルパカニット製品の販売を手掛け、年間に延べ200以上のアルパカ製品を販売するインペリアル・エンタープライズ株式会社によるものです。アルパカニットの専門通販サイト【アルパカタウン】および、本ブログ【アルパカタウンブログ】を通じて、魅力的なアルパカの情報を発信しています。
Twitter情報: アルパカタウン【公式】

プロフィール




アイコン


アルパカタウン ブログ
高品質なアルパカニットの専門通販
こんにちは。アルパカ専門の通販サイト【アルパカタウン】のブログです。アルパカについての情報を発信していきます。

ショッピングサイトはこちら

アルパカタウンのバナー画像
アルパカニットの専門店アルパカタウンはこちらから(画像をクリックしてください)

このブログを検索

ツイッター情報

Powered By Blogger

QooQ